ウェリントン島(読み)うぇりんとんとう(英語表記)Isla Wellington

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェリントン島
うぇりんとんとう
Isla Wellington

南アメリカ、チリ南部の島。南緯49度から50度、チリ第12地域(マガリャネスMagallanes)北端に位置する。南北150キロメートル、東西40~75キロメートルで、幅1.5キロメートルないし10キロメートルの南北に走る狭い海峡によって本土と隔てられている。チリ海岸山脈の南方延長の沈水した部分にあたり、主として中生代白亜紀の花崗(かこう)岩よりなる高度1000メートル前後の低山が広がっている。また島の周囲は無数のフィヨルドが刻まれ、出入りの多い海岸線となっている。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

ウェリントン‐とう〔‐タウ〕【ウェリントン島】

Isla Wellington》チリ南部、太平洋岸の島。マガジャネス州に属す。本土とはメシエ海峡という狭い海峡によって隔てられ、パタゴニア地方の海岸山脈に沿って南北約150キロメートルにわたって延びる。周囲はフィヨルドが発達し、入り組んだ海岸線をもつ。ベルナルドオイギンス国立公園に属す。主な町は東岸のプエルトエデン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android