コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスバハギ Aluterus monoceros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスバハギ
Aluterus monoceros

フグ目カワハギ科の海水魚。全長約 75cm。体は強く側扁し,淡灰色。眼は著しく後方にあり,頭頂には長くて細いとげがある。尾柄はやや長い。食用とされ,美味。世界の暖海に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウスバハギ
うすばはぎ / 薄葉剥
[学]Aluterus monoceros

硬骨魚綱フグ目カワハギ科に属する海水魚。世界中の温帯、熱帯域に広く分布する。体は長楕円(ちょうだえん)形で強く側扁(そくへん)する。鱗(うろこ)は微小で、皮膚はビロード状を呈する。第1背びれ棘(きょく)は目の真上にあるが、細くて弱いので折れていることが多い。腹びれ後端の突起はなく、体の腹縁は滑らか。体色は灰色で、小暗色斑(あんしきはん)が散在する。全長は40センチメートルに達し、カワハギ科のなかでは大形種。浅海を群泳し小形の甲殻類などを捕食する。肉は無毒で食用に供される。[松浦啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウスバハギの関連キーワードソウシハギ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android