コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスバハギ ウスバハギ Aluterus monoceros

2件 の用語解説(ウスバハギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスバハギ
ウスバハギ
Aluterus monoceros

フグ目カワハギ科の海水魚。全長約 75cm。体は強く側扁し,淡灰色。眼は著しく後方にあり,頭頂には長くて細いとげがある。尾柄はやや長い。食用とされ,美味。世界の暖海に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウスバハギ
うすばはぎ / 薄葉剥
[学]Aluterus monoceros

硬骨魚綱フグ目カワハギ科に属する海水魚。世界中の温帯、熱帯域に広く分布する。体は長楕円(ちょうだえん)形で強く側扁(そくへん)する。鱗(うろこ)は微小で、皮膚はビロード状を呈する。第1背びれ棘(きょく)は目の真上にあるが、細くて弱いので折れていることが多い。腹びれ後端の突起はなく、体の腹縁は滑らか。体色は灰色で、小暗色斑(あんしきはん)が散在する。全長は40センチメートルに達し、カワハギ科のなかでは大形種。浅海を群泳し小形の甲殻類などを捕食する。肉は無毒で食用に供される。[松浦啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウスバハギの関連キーワード皮剥草河豚鯖河豚箱河豚真河豚馬面剥潮際河豚紋殻皮剥ナシフグカワハギ(皮剝)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウスバハギの関連情報