ウトロ

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕ウトロ


北海道東部、斜里(しゃり)町東部の地区名。
知床(しれとこ)半島北西岸に位置し、オホーツク海に面する。知床観光の基地の一つ。宇登呂(うとろ)とも。知床国立公園の入り口で、岬巡りの観光船が発着。羅臼(らうす)町へ知床横断道路が通じる。ウトロ灯台・ウトロ温泉・知床自然センターなどがある。同半島北西岸唯一の漁港、宇登呂港がある。

〔北海道〕ウトロ


北海道東部、斜里(しゃり)郡斜里町東部の地区名。知床(しれとこ)半島北西岸に位置し、オホーツク海に面する。知床観光の基地の一つ。宇登呂とも書く。知床国立公園の入り口で、岬巡りの観光船が発着。羅臼(らうす)町へ知床横断道路が通じる。ウトロ灯台・ウトロ温泉・知床自然センターなどがある。同半島北西岸唯一の漁港、宇登呂港がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウトロ
うとろ

北海道東部、オホーツク総合振興局管内の斜里(しゃり)町にある港町。宇登呂とも書く。知床(しれとこ)半島西岸のほぼ中央にある。第二次世界大戦後、引揚者漁民を収容して港湾整備が行われた。知床半島の北半部は知床国立公園に指定されており、ウトロは1970年代の観光開発で宿泊施設ができ、知床岬周遊船が発着し、羅臼(らうす)町との間に知床横断道路(国道334号の一部)が通じ、知床観光の拠点の一つとなっている。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウトロの関連情報