ウビン島(読み)ウビントウ

デジタル大辞泉の解説

ウビン‐とう〔‐タウ〕【ウビン島】

Ubin Island》シンガポール北東部、ジョホール水道に浮かぶ島。本島のチャンギポイントとフェリーで結ばれる。英国植民地時代から1970年代後半まで花崗岩の石切り場だった。以降、住民は本島に移り、当時の古い家並みが残っている。またマングローブ干潟などの自然景観に恵まれる。プラウウビン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android