コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウブス湖 ウブスコ

デジタル大辞泉の解説

ウブス‐こ【ウブス湖】

Uvs nuurУвс нуур》モンゴル北西部、ウブス県にある塩湖。同国最大の湖であり、面積3350平方キロメートル。北岸はロシア連邦トゥバ共和国に接する。ユキヒョウ、ヤギの野生種ヤンギル、ヒツジの野生種アルガリなどの貴重な野生動物が生息するほか、渡り鳥の重要な中継地としてラムサール条約登録地になっている。2003年に「ウブス湖盆地」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。オブス湖オブスノールウブスヌール

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウブス湖
うぶすこ
Ubs nuur

モンゴル北西部、ウブス県北部にある塩湖。ウブサ湖ともいう。標高743メートル、面積3350平方キロメートル、最大深度6メートルで、モンゴル最大の湖である。湖の北岸のごく一部がロシア連邦領となっている。テス川、ナリーン川など大小十数本の川が流入するが、蒸発量のほうが大きく、また内陸湖で排水されないため、濃い塩分を含む。[吉田順一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウブス湖の関連キーワードタンヌ・オーラ[山脈]タンヌ・オラ山脈モンゴル(国)モンゴル高原ウラーンゴムゴビ砂漠

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android