ウブス湖(読み)ウブスコ

デジタル大辞泉の解説

ウブス‐こ【ウブス湖】

Uvs nuurУвс нуур》モンゴル北西部、ウブス県にある塩湖。同国最大の湖であり、面積3350平方キロメートル。北岸はロシア連邦トゥバ共和国に接する。ユキヒョウ、ヤギの野生種ヤンギル、ヒツジの野生種アルガリなどの貴重な野生動物が生息するほか、渡り鳥の重要な中継地としてラムサール条約登録地になっている。2003年に「ウブス湖盆地」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。オブス湖オブスノールウブスヌール

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウブス湖
うぶすこ
Ubs nuur

モンゴル北西部、ウブス県北部にある塩湖。ウブサ湖ともいう。標高743メートル、面積3350平方キロメートル、最大深度6メートルで、モンゴル最大の湖である。湖の北岸のごく一部がロシア連邦領となっている。テス川、ナリーン川など大小十数本の川が流入するが、蒸発量のほうが大きく、また内陸湖で排水されないため、濃い塩分を含む。[吉田順一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android