コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪豹 ユキヒョウ

デジタル大辞泉の解説

ゆき‐ひょう〔‐ヘウ〕【雪×豹】

ネコ科の哺乳類。体長1.2メートル、尾長93センチくらい。ヒョウに似て、灰白色の地に梅花状の黒斑があり、尾は太い。ヒマラヤ地方の山岳地帯に生息する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆきひょう【雪豹】

食肉目ネコ科の一種。体長1.5メートルに達する。体色は灰色地に黒色の斑点をもち、美しい外観を呈する。夜行性でヒマラヤ・アルタイなどの高地に少数が生息。毛皮を目的に乱獲され、絶滅の危機にある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

雪豹 (ユキヒョウ)

学名:Uncia uncia
動物。ネコ科のヒョウの一種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

雪豹の関連キーワードマシーセン曽根裕夜行性斑点体色高地毛皮絶滅黒色少数

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雪豹の関連情報