コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウマビル ウマビル Whitmania pigra

3件 の用語解説(ウマビルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウマビル
ウマビル
Whitmania pigra

環形動物門ヒル綱顎ビル目ヒルド科。オリーブ色の地に5本の黒い縦線をもつヒル。体長 10~15cm,中央部の体幅 2cm内外。体は長い紡錘形で扁平。腹面には黒い斑点が縦に並ぶ。側縁は淡黄色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウマビル【Whitmania pigra】

ヒル綱ヒルド科の環形動物イラスト)。日本全国に広く分布し,水田,池や沼などにすむ。体は扁平で長さ10~15cm。幅はもっとも広いところで17~25mm。背面はオリーブ色で5本の縦線があり,体側縁は淡黄色。腹面は淡色で,小さい暗色の斑点が縦に並んでいる。体環は明りょうで,体の中央部では1体節に5体環ある。前吸盤は小さく,その底に口が開く。口には,3個のあごがあるが小さく,動物の体に傷をつけて吸血することはできない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウマビル
うまびる / 馬蛭
[学]Whitmania pigra

環形動物門ヒル綱顎(あご)ビル目ヒルド科に属する動物。水田、池、沼などにすみ、冬は泥の中に隠れる。体は扁平(へんぺい)で、長さ10~15センチメートル、幅2センチメートル内外。背面はオリーブ色で5本の暗色の縦線がある。腹面は淡色で小さい暗色の斑点(はんてん)が縦に並ぶ。前吸盤は非常に小さく、その底に口がある。口には3個のあごがあるが、ヒトの皮膚に傷をつけて吸血することはない。後吸盤は円形で大きい。体中央部では1体節に5体環ある。目は5対あり、第2、3、4、6、9体環上にある。雌雄同体で、雌雄生殖口は第11と第12体節に開く。胃の側盲嚢(そくもうのう)は小さい。日本各地に広く分布する。なお、和名の「ウマ」は大形の意味である。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウマビルの関連キーワードチスイビル馬蛭血吸蛭ニヒルヒルジン日孁ヒルドンヒル(蛭)ヒル綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone