コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウマビル Whitmania pigra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウマビル
Whitmania pigra

環形動物門ヒル綱顎ビル目ヒルド科。オリーブ色の地に5本の黒い縦線をもつヒル。体長 10~15cm,中央部の体幅 2cm内外。体は長い紡錘形で扁平。腹面には黒い斑点が縦に並ぶ。側縁は淡黄色。前方の吸盤は非常に小さい。口には3個の顎があるがいずれも小さく,また胃の側盲嚢も小さいので,人を傷つけて吸血することはない。眼は5対で,第2,3,4,6,9体環上に位置する。雄の生殖口は第 11体節,雌の生殖口は第 12体節に開く。水田,池,沼などにすみ,日本各地に広く分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウマビル【Whitmania pigra】

ヒル綱ヒルド科の環形動物(イラスト)。日本全国に広く分布し,水田,池や沼などにすむ。体は扁平で長さ10~15cm。幅はもっとも広いところで17~25mm。背面はオリーブ色で5本の縦線があり,体側縁は淡黄色。腹面は淡色で,小さい暗色の斑点が縦に並んでいる。体環は明りょうで,体の中央部では1体節に5体環ある。前吸盤は小さく,その底に口が開く。口には,3個のあごがあるが小さく,動物の体に傷をつけて吸血することはできない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウマビル
うまびる / 馬蛭
[学]Whitmania pigra

環形動物門ヒル綱顎(あご)ビル目ヒルド科に属する動物。水田、池、沼などにすみ、冬は泥の中に隠れる。体は扁平(へんぺい)で、長さ10~15センチメートル、幅2センチメートル内外。背面はオリーブ色で5本の暗色の縦線がある。腹面は淡色で小さい暗色の斑点(はんてん)が縦に並ぶ。前吸盤は非常に小さく、その底に口がある。口には3個のあごがあるが、ヒトの皮膚に傷をつけて吸血することはない。後吸盤は円形で大きい。体中央部では1体節に5体環ある。目は5対あり、第2、3、4、6、9体環上にある。雌雄同体で、雌雄生殖口は第11と第12体節に開く。胃の側盲嚢(そくもうのう)は小さい。日本各地に広く分布する。なお、和名の「ウマ」は大形の意味である。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウマビルの関連キーワード吸血動物

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android