コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミゾウメン(海素麵) ウミゾウメン Nemalion vermiculare Suringar

1件 の用語解説(ウミゾウメン(海素麵)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウミゾウメン【ウミゾウメン(海素麵) Nemalion vermiculare Suringar】

暗紅色のそうめんに似た形状で,潮間帯上部の岩上に生育する紅藻ベニモズク科の海藻。ひも状でやわらかく,ぬるぬるする。体は太さ1.5~2mm,長さ10~20cmで,基部で数本に分岐するものもあれば,全く分岐しないものもある。冬から春にかけて生育し,夏には消失する。夏には微細な無性の糸状体で過ごすことが知られている。暖流の影響の強い地域を除く日本各地の沿岸に分布し,さらに朝鮮半島,中国,サハリンにもみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウミゾウメン(海素麵)の関連キーワード暗紅色層面暗紅烏賊素麺牛の素麺海素麺冷や素麺豆素麺魚そうめんフノリ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone