コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメフラシ Aplysia kurodai; sea hare

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメフラシ
Aplysia kurodai; sea hare

軟体動物門腹足綱アメフラシ科。体長 40cmに及ぶものもあるが,普通は 10~20cm。体は軟らかく,長卵形で前方へ細くなり,黒褐色ないし紫黒色の地に灰白色の小斑が散在する。には大きい触角と小さい嗅角が1対ずつあり,眼は嗅角の基部にあって小さい。背面は側足葉が左右両側にあり,薄く小さい殻を包んだ外套膜を囲んでいる。鰓と紫汁腺は外套膜の右側縁の下側にある。体に強く触れると紫色の粘液を出し,海水を紫色に染める。春季に潮間帯に多く現れ,海藻や石の上に黄色の細い紐を束ねたような卵塊を産む。これを海ぞうめんという。卵は発生が進むと橙色から褐色になり,幼生になって海中へ泳ぎ出る。緑藻や褐藻を好んで食べる。近縁のクロヘリアメフラシ A. parvulaは本種より小型で体は赤褐色,側足葉縁が黒色で,紫汁を出す。アマクサアメフラシ A. julianaは飴色で紫汁腺はない。日本各地,朝鮮半島,中国,台湾に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アメフラシ

アメフラシ科の巻貝。殻は著しく退化し,体長10〜15cm,大きいものは40cmに及ぶ。黒褐色地に灰白色の斑紋をもつが,個体変異が大きい。体はやわらかくナメクジ状で,体の中央背面に外套(がいとう)膜で包まれた葉状の薄い殻がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメフラシ
あめふらし / 雨虎
sea hare
[学]Aplysia kurodai

軟体動物門腹足綱アメフラシ科の動物。日本各地および台湾、朝鮮半島、中国沿岸に広く分布し、潮間帯付近の岩礁地帯に普通にみられる。体長40センチメートルになり、黒褐色の地に灰白色斑(はん)が不規則に散在する。体を伸ばすと頸(くび)のほうはやや細長く、頭には前触角と嗅角(きゅうかく)(後触角)が1対ずつあるが、目は非常に小さい。内臓を包む胴部は丸く膨れて、背面には側足葉が両側から、薄く浅い木の葉形の殻を包んだ外套膜(がいとうまく)を囲む。右側にえらと紫汁腺(せん)があり、体に刺激を与えると紫色の汁を煙幕のように放出する。これは敵を嫌悪させるためのものと思われ、無毒で容易に消失する。春に沿岸の海藻を多量に食べる。3~7月に海藻の上や石の下などに黄橙(おうとう)色で麺(めん)類のような卵塊を産む。これをウミゾウメンという。
 本種によく似たアマクサアメフラシA. julianaは、足の後端が丸い吸盤状で、紫汁を出さない。クロヘリアメフラシA. parvulaは体長60ミリメートルぐらいの小形種で赤褐色、側足葉の縁は黒色で、刺激によって紫汁を出す。ジャノメアメフラシA. dactylomelaは体表に黒い蛇の目模様があり、足の後端が黒いのが特徴である。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アメフラシの関連キーワードウミゾウメン(アメフラシ)タツナミガイ(立浪貝)海索麺・海索麵・海索麪くろずみ小太郎旅日記ウミゾウメン(動物)アマクサアメフラシアメフラシ(雨虎)バナジウム色素巻き貝・巻貝化学伝達物質タツナミガイ天草雨虎カンデルウミウシ棘雨虎立浪貝後鰓類海素麺縄海苔貝類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アメフラシの関連情報