コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラジロ科 ウラジロかGleicheniaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラジロ科
ウラジロか
Gleicheniaceae

シダ植物シダ目の1科。世界中の熱帯,亜熱帯に広く分布するが,特に南半球に多い。約4属 130種ほどを含む。地上生で,根茎は長くはい,毛,鱗片がある。葉は羽状複葉で,中軸や羽軸が種によってさまざまな位置で生長をやめるので,多様な分岐型がみられる。葉脈は遊離。胞子嚢群は葉脈の背側につき,数個の大型の胞子嚢からなる。包膜はない。胞子嚢は完全環帯,熟して縦裂する。胞子は四面体または左右相称である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のウラジロ科の言及

【ウラジロ(裏白)】より

…日当りのよい,山地の乾燥した斜面に群落をつくることの多いシダ植物(イラスト)。ウラジロ科の常緑性草本。根茎は地中をはい,鱗片をつける。…

※「ウラジロ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウラジロ科の関連キーワードウラジロ(裏白)コシダ(小羊歯)小羊歯・小歯朶マトニアウラジロ裏白羊歯裏白歯朶金子羊歯小羊歯小桫欏コシダ裏白蕨小歯朶裏白草桫欏裏白穂長歯朶師太山草

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android