コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラナミシロチョウ Catopsilia pyranthe

1件 の用語解説(ウラナミシロチョウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウラナミシロチョウ【Catopsilia pyranthe】

鱗翅目シロチョウ科のチョウ。やや大型のシロチョウで,開張は6.5cm内外,翅はやや縦長。和名は裏面の細かな波模様から名付けられた。インドから東南アジアオーストラリアにかけて広く分布し,日本では八重山列島にすむ。昔から九州西部に迷チョウとしての記録が多い。また,台風の後などに迷チョウとして九州や西日本に上陸した雌が,たまたま食草に遭遇すれば一時的大発生に至ることもまれではなかったが,近年は漢方薬の原料としてハブソウエビスグサを畑で栽培することが減ったためか,本土発生の例がまれとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウラナミシロチョウの関連キーワードツマベニチョウ白蝶条黒白蝶褄紅蝶深山白蝶アポロ蝶薄翅白蝶蝦夷白蝶褄黒黄蝶姫白蝶

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone