コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウロンスキー Józef Maria Hoene‐Wroński

世界大百科事典 第2版の解説

ウロンスキー【Józef Maria Hoene‐Wroński】

1776‐1853
ポーランド生れの数学者,哲学者。軍人としてポーランド独立戦争に参加した後,ドイツ,フランスで学問に励み,数学者として世に出た。数は合理的法則にとどまらず,抽象から具体まで人間の全活動の根源的運動を示す(彼の言う〈絶対〉)と考えており,この点サン・マルタンエッカルツハウゼンの数論に近似している。ここから彼の数学(《算式の第一原理》)から哲学・宗教(《メシアニスムまたは人知の絶対的改革》),さらには教皇やナポレオン3世にあてた政治書簡に至るおびただしい著作が生まれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウロンスキーの言及

【アンナ・カレーニナ】より

…1875‐77年刊。女主人公アンナは,ペテルブルグの政府高官カレーニンの妻であるが,冷ややかでよそよそしい夫にあきたらず,美貌の青年将校ウロンスキーを愛するようになる。世間体よりも自分の感情を忠実に貫こうとしたアンナは,貴族社会から締め出され,愛人の愛情にも疑いをもつようになって,ついに鉄道自殺をとげる。…

※「ウロンスキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ウロンスキーの関連キーワードアンナ・カレーニナM.アンナ・カレーニナリエパ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android