コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウロンスキー Józef Maria Hoene‐Wroński

1件 の用語解説(ウロンスキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウロンスキー【Józef Maria Hoene‐Wroński】

1776‐1853
ポーランド生れの数学者,哲学者。軍人としてポーランド独立戦争に参加した後,ドイツフランスで学問に励み,数学者として世に出た。数は合理的法則にとどまらず,抽象から具体まで人間の全活動の根源的運動を示す(彼の言う〈絶対〉)と考えており,この点サン・マルタンエッカルツハウゼンの数論に近似している。ここから彼の数学(《算式の第一原理》)から哲学・宗教(《メシアニスムまたは人知の絶対的改革》),さらには教皇やナポレオン3世にあてた政治書簡に至るおびただしい著作が生まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のウロンスキーの言及

【アンナ・カレーニナ】より

…1875‐77年刊。女主人公アンナは,ペテルブルグの政府高官カレーニンの妻であるが,冷ややかでよそよそしい夫にあきたらず,美貌の青年将校ウロンスキーを愛するようになる。世間体よりも自分の感情を忠実に貫こうとしたアンナは,貴族社会から締め出され,愛人の愛情にも疑いをもつようになって,ついに鉄道自殺をとげる。…

※「ウロンスキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウロンスキーの関連キーワードバナッハフンクポーランド回廊ポーランド語ポーランド分割リヒテルタルスキ木枯し別れの曲阪東宏