コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンターデンリンデン Unter den Linden

大辞林 第三版の解説

ウンターデンリンデン【Unter den Linden】

〔リンデンバウムの下の意〕 ベルリン市のブランデンブルク門とアレクサンダー広場を結ぶ大通り。沿道にはリンデンバウムの並木やフンボルト大学・国立図書館・国立歌劇場などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

ウンターデンリンデン【ウンターデンリンデン】
Unter den Linden

ドイツの首都ベルリン(Berlin)のブランデンブルク門からシュプレー川沿いのプロイセン王宮に至る、長さ1.4kmの大通り。◇「ウンターデンリンデン」は「菩提樹(ぼだいじゅ)の下の通り」という意味だが、その名称どおり、通りの中央が菩提樹の並木の続く散策路になっていて、各所にベンチなどが設置されて、物売りや散策する人たちでにぎわいを見せている。この並木の菩提樹は1647~1675年にかけて植えられたものである。また、この大通り沿いには、ベルリンの主要な歴史的建造物が集中している。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ウンターデンリンデンの関連キーワードドイツ連邦議会議事堂リンデンバウムベルリン大聖堂フランスドームノイエワッヘドイツドームロベールシ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android