コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンブリエル ウンブリエルUmbriel

2件 の用語解説(ウンブリエルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウンブリエル(Umbriel)

天王星の第2衛星。1851年に発見。名の由来はポープの「髪盗人」の登場人物天王星の衛星のうち3番目に大きいが表面が暗い。直径は約1170キロ(地球の約0.09倍)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウンブリエルの言及

【天王星】より

…1966年と2008年は赤道が太陽を向き,1985年は北極が,2030年は南極が太陽に向く。 天王星は,ミランダ,アリエル,ウンブリエル,チタニア,オベロンという衛星をもっているが,みな数百kmの半径をもつ比較的小さい衛星である。このほか,ボエジャー2号が発見した半径数十kmの衛星が10個ある。…

※「ウンブリエル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ウンブリエルの関連キーワードリゴレットギュツラフ真葛長造気成電気万国博覧会ミシン万国博覧会万博EXPO

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone