コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアヒーヴ構造 エアヒーヴこうぞうair-heave structure

岩石学辞典の解説

エアヒーヴ構造

平面で不規則な円形の突起があり,断面では小さな捩れがある堆積構造.潮間の堆積物に取り込まれた空気が逃げることで形成されたものである[Stewart : 1956].可塑性に富む泥の中に発生した気泡が,泥の中を上昇しながら集まって生じる大きなエアポケットによって,堆積物が変形する現象をエア─ヒーブ(air-heave)という[木村ほか : 1973].heaveは持ち上げる,膨らませるの意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone