コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアヒーヴ構造 エアヒーヴこうぞう air-heave structure

1件 の用語解説(エアヒーヴ構造の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

エアヒーヴ構造

平面で不規則な円形の突起があり,断面では小さな捩れがある堆積構造.潮間の堆積物に取り込まれた空気が逃げることで形成されたものである[Stewart : 1956].可塑性に富む泥の中に発生した気泡が,泥の中を上昇しながら集まって生じる大きなエアポケットによって,堆積物が変形する現象をエア─ヒーブ(air-heave)という[木村ほか : 1973].heaveは持ち上げる,膨らませるの意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エアヒーヴ構造の関連キーワードゾエア雲豹不規則不規則動詞ラバー蓑貝コマイストロマタクティス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone