コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアポケット エアポケットair pocket

翻訳|air pocket

4件 の用語解説(エアポケットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エア‐ポケット(air pocket)

飛行中の航空機が急激に下降する空域。局地的な下降気流が原因。
空白の部分。「政局に一時的なエアポケットが生じる」
船が沈没した際に、船体内部に空気がとり残されてできる空間。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

エアポケット

飛行中の航空機が急激に高度を落とす原因に対してつけられた名だが,不適切な用語。正しくは鋭角突風,または鉛直ドラフト。高度を失うのは大気中の局地的な下降気流によって翼の空気に対する角度が急に減少し,揚力が低下するため。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

エアポケット【air pocket】

下降気流のため、飛行中の航空機が急激に揚力を失い降下する空域。山岳地帯の上空にあらわれやすい。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エアポケット
えあぽけっと
air pocket

航行中の飛行機が急降下現象をおこす下降気流域のこと。航空の初期によんだことばで、当時、飛行機を支えるだけ十分な空気のないポケットだと想像したのが語源である。小型機は軽いので下降気流の中に入ると、すぐにその影響を受けるが、大型機は慣性が大きいので気流の急変域に入っても、対地速度はすぐには変わらず、対気速度、迎え角(流れに対する翼の傾き)の変化として影響する(詳細は乱気流の項を参照)。なお大型機のパイロットはこの用語は用いず、乱気流やウインドシアということばを使用している。[中山 章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエアポケットの言及

【航空気象】より

…また深い気圧の谷に沿ったジェット気流域でも起こりやすい。エアポケットair pocket大気中で気流の変化により下向きの気流を生じている現象をいう。航空機がこのような所にはいると急激に高度が下がる。…

※「エアポケット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エアポケットの関連情報