コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウゲニーオネーギン Evgeniy Onegin

デジタル大辞泉の解説

エウゲニー‐オネーギン(Evgeniy Onegin)

プーシキンの韻文体小説。1825~1832年発表。1833年、単行本として出版。知識人の貴族オネーギンと少女タチヤーナとの悲恋を描き、ロシア国民文学の源となったもの。エフゲニー=オネーギン。
チャイコフスキーをもとに作曲した歌劇。3幕。1879年初演。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

エウゲニーオネーギンの関連キーワード産業革命史(年表)アレクサンドルホイットニーボワソナードムニクー岩漿クリューガーニコライ[1世]アレクサンドルサン=シモン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android