コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウスタティオス Eustathios

1件 の用語解説(エウスタティオスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エウスタティオス【Eustathios】

?‐1193から98
東方正教会の聖人,ビザンティン時代の文人。コンスタンティノープルに生まれ,教育をうけ,同地の教会諸職を歴任。なかでも総主教座付属学校で修辞学を教え,古典の注釈(ホメロスピンダロス),釈義(ディオニュシオス・ペリエゲテスの地誌)を著す。1175年以後テッサロニケ府主教となり,自らが推進した修道院改革とかかわって神学諸論文を書いたほか,一連の弁論,書簡,また,自らの体験に基づいて85年のノルマン人占領を記す《テッサロニケ占領記》をのこした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

エウスタティオスの関連キーワードサラディン曾我兄弟工藤祐経曾我祐成平時家源範頼安田義資工藤祐経サラディン曾我兄弟

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone