コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウステノプテロン Eusthenopteron

世界大百科事典 第2版の解説

エウステノプテロン【Eusthenopteron】

古生代のデボン紀に生息した総鰭(そうき)類の一属。ユーステノプテロンともいう。シーラカンス類や肺魚類とともに最も両生類に近い魚類の一つとして考えられてきた。背びれは2基あり,尾びれは3葉に分かれている。胸びれと腹びれを支える内部骨格は原始的両生類のものと基本構造が似ている。口腔に通じる内鼻孔が存在するとされてきたが,最近になって内鼻孔の存在を疑う学者もある。両生類の仲間で最も原始的とされており,グリーンランドのデボン紀に生息していたイクチオステガと内部構造がよく似ているので,脊椎動物が水中生活から陸上生活へ移行する段階の生物に最も近いものの一つとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウステノプテロン

ユーステノプテロン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エウステノプテロンの関連キーワード古生代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android