コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウテュケス Eutychēs

世界大百科事典 第2版の解説

エウテュケス【Eutychēs】

378ころ‐454
初期の単性論を代表するキリスト教思想家。コンスタンティノープル修道院(名称不詳)の院長をつとめ,宮廷にも勢力をふるった。ネストリウス教説に対する反動から,受肉したキリストの神性人性は統合を遂げたのちはひとつになり,人性は神性に吸収されると説いた。448年に異端の疑いで告発され,主教会議で罷免された。449年の〈盗賊教会会議〉で復権したが,カルケドン公会議(451)で公式に異端として弾劾追放された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のエウテュケスの言及

【キリスト論】より

…アリウス説はニカエア・コンスタンティノポリス信条(381)において退けられ,ここに正統的教義が確立した。このとき,キリストの人性の完全性を否定するアポリナリウスも退けられたが,続いてネストリウスは逆に人性を第一として神性を弱め,あるいはエウテュケスは人性を神性の中に吸収するなど,神性・人性の区別を明らかにしない〈単性論〉が行われた。これを排したのはカルケドン信条(451)の〈両性論dyophysitism〉であって,〈両性は混合せず分離せず〉というのがその表現である。…

【クリュサフィウス】より

…計画は露見したが,すでに西方へ関心を移していたアッティラは,翌年和議に同意した。宗教問題では単性論のエウテュケスを支持し,449年皇帝を動かしてエフェソスに公会議を開かせ,エウテュケスの説を正統と認めさせた(盗賊教会会議)。これらの諸政策はプルケリアやコンスタンティノープル元老院,また教皇レオ1世の憤激を招き,450年に即位したマルキアヌス帝は彼を処刑させた。…

【単性論】より

…〈キリスト単性論〉ともいう。単性論の極端な形は,提唱者ともいうべきコンスタンティノープルのエウテュケスによれば,キリストは受肉前は神性と人性の両性を有するが,受肉後は唯一の本性しかもたない,すなわち人性は神性に吸収されるとの立場である。単性論の背景として,アレクサンドリアのキュリロスにいたるまでのアレクサンドリア学派の神学が,キリストの完全な人性を無視してすら〈受肉したロゴスの唯一の本性〉を重視する,換言すればキリストをあくまで神と考えたい,との傾向をもっていたことにある。…

※「エウテュケス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エウテュケスの関連キーワード盗賊教会会議[エフェソス]クリュサフィウスエウテュケス派ディオスコロスキリスト単性説レオ[1世]フラビアヌスボエチウス宗教会議レオ1世

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android