コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウロパ Europa

翻訳|Europa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウロパ
Europa

木星の第2衛星。 1610年にガリレイが発見した四大衛星の一つ。実視等級6等,直径約 3000km,公転周期 3.55日。 1979年に木星に接近したボイジャー1,2号の写真撮影によると,表面はリボン状の割れ目のような複雑な模様でおおわれ,クレータは非常に少い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エウロパ(Europa)

木星の第2衛星で、すべての衛星のうち6番目に木星に近い軌道を回る。1610年にガリレオ=ガリレイが発見。名はギリシャ神話エウロペに由来。表面は厚い氷に覆われるが、その下に液体の海があり、生命が存在する可能性もあるといわれている。直径は約3100キロ(地球の約0.25倍)。平均表面温度はセ氏マイナス170度。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

エウロパ

木星の第2衛星。1610年、イタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイが発見した四大衛星のうちのひとつ。直径約3100キロメートル、公転周期は3.55日。名称はギリシャ神話に登場する王女エウロペに由来する。表面は厚い氷に覆われていて、地下に海がある。2018年5月14日に米航空宇宙局(NASA)は、1997年に宇宙探査機ガリレオがエウロパを観測したデータをあらためて分析したところ、表面から宇宙空間に向かって水が噴出していることを示す証拠が見つかったと発表。長年指摘されてきた地球外生命体が存在する可能性を見い出した。

(2018-5-17)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エウロパの関連情報