エクスプローラ(英語表記)Explorer

翻訳|explorer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「エクスプローラ」の解説

エクスプローラ
Explorer

アメリカの科学観測衛星シリーズ。大気密度,放射能,電離層,地磁気,太陽放射線などの観測を目的としている。1号は 1958年1月,W.ブラウンらの開発したジュピターC型ロケットで打上げられ,アメリカ最初の人工衛星となった。重量は 14kg,直径 15.2cm,長さ 203cmの円筒形であった。初期のエクスプローラの観測データからバンアレン帯が発見された。その後 75年 11月までに 55号まで打上げられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015「エクスプローラ」の解説

エクスプローラ

正式社名「株式会社エクスプローラ」。英文社名「Explorer, Inc.」。精密機器製造業。平成4年(1992)設立本社は北海道函館市桔梗町。電子機器メーカー。放送機器・医療機器・製造装置・音声処理装置などの組み込み機器の設計を手がける。画像処理・信号処理分野に実績システム開発・ソフトウェア設計も行う。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「エクスプローラ」の解説

エクスプローラ

Windows で、フォルダ階層構造を表示しながらファイルやフォルダを表示・操作するためのツール。Windows 98以降では、フォルダウィンドウの左に階層構造を表示するためのエクスプローラバーを表示したものと同様。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android