エグモント[伯](読み)エグモント

百科事典マイペディアの解説

エグモント[伯]【エグモント】

ネーデルラントの大貴族。軍人。フランス・スペイン戦争(1557年―1559年)で武名をあげた。スペイン王フェリペ2世の腹心グランベルの専制に反抗し,ウィレム1世らとともにネーデルラントの貴族を率いてグランベルを退去させた。その後は運動の主流からは外れたが,アルバ公に捕らえられて処刑された。ゲーテの戯曲《エグモント》で知られ,またベートーベン作曲のその付随音楽も有名。→八十年戦争

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android