コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エコドライブ えこどらいぶ ecological drive

2件 の用語解説(エコドライブの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

エコドライブ

環境に配慮した自動車運転方法。運転時、アイドリングをしない、急ハンドルを切らない、空吹かしをしない、無理な追い越しをしない、スムーズに加速・減速するなど、注意深い運転方法を行うと、燃料消費を最大10%ほど節約でき、二酸化炭素の排出を低減できる。

(槌屋治紀 システム技術研究所所長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

エコドライブ

交通分野でのエネルギー消費を抑え、地球温暖化対策や大気汚染物質の発生抑制のために政府が進めている。急発進、急加速や無用な空ぶかしをやめるようになど10項目をアピール。アイドリングストップは、その最初の項目に挙げられており、警察も駐停車時には奨励している。自動的にアイドリングストップがかかる乗用車も開発されているが、価格面で割高で普及していない。

(2006-01-26 朝日新聞 夕刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エコドライブの関連キーワードエネルギー革命エネルギー準位エネルギー代謝熱エネルギーエネルギー代謝率安静時エネルギー消費維持のエネルギーエネルギー学エネルギー消費ループナーのエネルギー消費の法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エコドライブの関連情報