エコノメトリック・ソサエティ(英語表記)Econometric Society

世界大百科事典 第2版の解説

エコノメトリック・ソサエティ【Econometric Society】

数学的・統計的方法に焦点を置く経済学の分野における研究者で構成される国際的な学会。計量経済学会と訳される。1930年,R.フリッシュ,J.ティンバーゲンら若い経済学者が中心となって,数理経済学,計量経済学などの経済学の新しい分野の発展を期して,アメリカのクリーブランドで結成された。ケインズシュンペーター,B.G.オリーン,I.フィッシャーら当時指導的な立場にあった経済学者をも擁して,経済学研究において新機軸をつくり出していった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android