コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゴグラム えごぐらむ Egogram

2件 の用語解説(エゴグラムの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

エゴグラム

5つの自我状態の心的エネルギーレベルから性格を分析する手法。カナダ出身の精神科医エリック・バーンが1957年に創始した心理学理論「交流分析」を元に、その弟子であるアメリカの精神科医・心理学者のジョン・M・デュセイが作り上げた。5つの自我状態とは、CP(批判的親)、NP(養育的親)、A(大人)、FC(自由な子供)、AC(順応した子供)であり、質問などによりそれぞれのレベルを判断、その人の性格パターンを分析する。日本では東大式エゴグラム(TEG)やその応用法が流布している。

(2012-12-25)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エゴグラム

人の自我の状態をいろいろな側面に分けて分析し,どの部分が強く,どの部分が弱いかを調べグラフ状にしたもの。〈P的〉=親的,親から得たもの,〈A的〉=おとな的,おとなになってから得たもの,〈C的〉=子ども的,子どものときからもっているもの,の三つの要素を基本に,以下の五つの側面の強弱から性格傾向を導き出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

エゴグラムの関連キーワードエネルギー代謝核エネルギー原子エネルギー熱エネルギー機械的エネルギー心的エネルギーエネルギーレベルカロリーレベルエネルギー・レベル機械エネルギー保存則

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エゴグラムの関連情報