天真爛漫(読み)テンシンランマン

  • 天真×爛漫

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]飾ったり気どったりせず、ありのままであること。無邪気で、ほほえましくなるようなさま。「子供のように天真爛漫な人」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

名 ・形動 [文] ナリ 
輟耕録 狷潔
純真で心の中が素直に表れていること。無邪気でこだわることがないこと。また、そのさま。 -な子供たち -に振る舞う
[派生] -さ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動ナリ・タリ) うわべをかざったところが少しもなく、ありのままであること。無邪気で屈託のないさま。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「天然により修めて公苑とせり、故に天真爛漫として、意味深遠の勝致あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天真爛漫の関連情報