天真爛漫(読み)てんしんらんまん

四字熟語を知る辞典「天真爛漫」の解説

天真爛漫

うわべを飾ったところが少しもなく、ありのままであること。無邪気屈託のない様子。

[活用] ―な・―に・―だ。

[使用例] 天真爛漫ながら、無風流極まるこの光景の裏に[夏目漱石吾輩は猫である|1905~06]

[使用例] 彼女は彼女が最も得意とする天真爛漫な心境へつねに到達した[埴谷雄高*死霊|1946~48]

[解説] 「天真」は自然に備わったままで飾り気のない様子。「爛漫」は明らかに現れる様子。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「天真爛漫」の解説

てんしん‐らんまん【天真爛漫】

〘名〙 (形動ナリ・タリ) うわべをかざったところが少しもなく、ありのままであること。無邪気で屈託のないさま。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「天然により修めて公苑とせり、故に天真爛漫として、意味深遠の勝致あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「天真爛漫」の解説

てんしん‐らんまん【天真×爛漫】

[名・形動]飾ったり気どったりせず、ありのままであること。無邪気で、ほほえましくなるようなさま。「子供のように天真爛漫な人」
[類語]無邪気うぶういういしいあどけないいたいけ無心天衣無縫イノセント罪が無い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android