エストニア改革党(読み)エストニアかいかくとう(英語表記)Eesti Reformierakond

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エストニア改革党
エストニアかいかくとう
Eesti Reformierakond

エストニアの非民族主義系政党。 1994年末にエストニア銀行のシイム・カラス総裁の主導で設立。リベラル右派の立場をとっているが,党内には旧民族主義系勢力をかかえる。 95年カラスは銀行総裁を辞任して党首に就任し,同年3月の総選挙では 16.2%を獲得。同年 10月エストニア中央党に代り連立与党に参加,カラス党首は外相に就任。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android