コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エストラゴン 〈フランス〉estragon

デジタル大辞泉の解説

エストラゴン(〈フランス〉estragon)

キク科の多年草。全草を乾燥して香辛料として用いる。甘い香りがあり、サラダ・ソース・野鳥料理の臭み消しなどに使う。酢に浸したタラゴンビネガーは有名。タラゴン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

エストラゴン

タラゴン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エストラゴン【estragon】

中央アジアからシベリアに至る地域に広く分布するキク科ヨモギ属の多年草。エスカルゴを用いたフランスの料理によく用いられ,サラダやオムレツグラタンやソースなどの香辛料にも使用するため,ヨーロッパでは栽培されている。estragonはフランス語由来,英語ではまたタラゴンtarragonともいう。茎は直立し,高さ40~120cm,根茎は長く横にはう。茎葉は線状披針形,長さ3~7cm,幅2~8mmで,無柄。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エストラゴン【estragon】

キク科の植物。日本名カワラヨモギ。西アジア・東ヨーロッパの原産。葉を香辛料として、野鳥や獣肉の臭い消し、エスカルゴ料理などに用いる。タラゴン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エストラゴン
えすとらごん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エストラゴンの関連キーワードブールコンポーゼエスカルゴ料理獣肉ラー

エストラゴンの関連情報