コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスノサイエンス ethnoscience

翻訳|ethnoscience

大辞林 第三版の解説

エスノサイエンス【ethnoscience】

〔民族科学の意〕
個々の文化圏では、それぞれその土地の自然環境や民族の価値観に基づいて組み立てられた認識の体系が発達するとする考え方。民族植物学など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

エスノ‐サイエンス(ethno-science)

民族誌学。各文化圏のもっている、それぞれの価値観自然観に基づいた独自の知識体系。また、それを研究する学問

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エスノサイエンス
ethnoscience

地球上のさまざまな文化圏が有する独自の自然観に立脚した知識体系。民族科学ともいう。かつてはヨーロッパを起源とする西洋近代科学のみを普遍的な知識体系とみなす傾向が強かったが,近年それが見直され,民族固有の科学が存在しうるという考えが提唱されるようになった。鍼術などの東洋医学がその例としてあげられる。民族固有の自然や生命に対する認識を理解することの重要性から生じた考え方である。(→科学自然科学

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のエスノサイエンスの言及

【文化】より

…言い換えると,文化を〈物的現象,事物,できごと,行動,感情を知覚し,秩序づける固有の体系〉と見る。こういう見方はエスノサイエンスethnoscience,認識人類学などといわれる研究分野を発展させた。この立場の人々は,生物学や自然環境の要因よりも人間の精神活動を重視し,現象を秩序づける〈文化の文法〉の発見に努める。…

【文化人類学】より

…彼らは文化をシンボル体系としてとらえようとする点で共通の立場に立っている。他の一つはエスノサイエンスethnoscienceまたは新民族誌new ethnographyと称する立場で,これは基本的に方法論である。グッドイナフW.Goodenoughを代表とするこの立場の人々は,文化はその担い手の心の中にのみ存在すると考えるところから,民族誌的情報を研究者の先入見的カテゴリーの中に置かずに引き出す方法を考えるのである。…

※「エスノサイエンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エスノサイエンスの関連キーワード文化人類学民族植物学心理人類学民族誌学

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android