コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾイシゲ Pelvetia wrightii (Harv.) Yendo

世界大百科事典 第2版の解説

エゾイシゲ【Pelvetia wrightii (Harv.) Yendo】

寒海域の潮間帯の岩上に群生し,叉(さ)状に分枝を繰り返して扇状になる褐藻ヒバマタ科の海藻。体の下部は円柱状であるが,上部はやや平たく,先端はへら形になる。黄褐色ないし暗褐色で,高さ10~20cm,またはそれ以上になる。北海道沿岸および本州北部太平洋沿岸に分布する。似た分布を示す近縁種ヒバマタ葉状で,中肋をもつので区別は容易である。似た名まえのイシゲはやはり潮間帯に生育する褐藻であるが,分類上の所属は全く異なり,ナガマツモ目の仲間であり,体は高さ5~10cmと小型で,分布も茨城県以南の暖流海域のみと,対照的である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾイシゲ
えぞいしげ
channelled wrack
[学]Pelvetia wrightii Yendo.

褐藻植物、ヒバマタ科の海藻。暗褐色で、体枝は硬く、次々と二またに分かれる分岐草状形をなす。上部の体枝は扁平(へんぺい)になり、老成体では先端近くが膨らんで、生殖器官となる。体長20センチメートル内外。外海の岩礁上の、満潮線直下付近に生育する多年生藻である。寒海性で、北海道沿岸に多産し、茨城県あたりまで南下する。なおこの属は大西洋岸には普遍的で多産するが、太平洋岸では東西ともに少ない。[新崎盛敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エゾイシゲの関連キーワード多産

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android