コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾイシゲ Pelvetia wrightii (Harv.) Yendo

2件 の用語解説(エゾイシゲの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エゾイシゲ【Pelvetia wrightii (Harv.) Yendo】

寒海域の潮間帯の岩上に群生し,叉(さ)状に分枝を繰り返して扇状になる褐藻ヒバマタ科の海藻。体の下部は円柱状であるが,上部はやや平たく,先端はへら形になる。黄褐色ないし暗褐色で,高さ10~20cm,またはそれ以上になる。北海道沿岸および本州北部太平洋沿岸に分布する。似た分布を示す近縁種ヒバマタは葉状で,中肋をもつので区別は容易である。似た名まえのイシゲはやはり潮間帯に生育する褐藻であるが,分類上の所属は全く異なり,ナガマツモ目の仲間であり,体は高さ5~10cmと小型で,分布も茨城県以南の暖流海域のみと,対照的である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾイシゲ
えぞいしげ
channelled wrack
[学]Pelvetia wrightii Yendo.

褐藻植物、ヒバマタ科の海藻。暗褐色で、体枝は硬く、次々と二またに分かれる分岐草状形をなす。上部の体枝は扁平(へんぺい)になり、老成体では先端近くが膨らんで、生殖器官となる。体長20センチメートル内外。外海の岩礁上の、満潮線直下付近に生育する多年生藻である。寒海性で、北海道沿岸に多産し、茨城県あたりまで南下する。なおこの属は大西洋岸には普遍的で多産するが、太平洋岸では東西ともに少ない。[新崎盛敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エゾイシゲの関連キーワード海虎の尾松藻茘枝貝糸藺疣螺銀杏草玉黍貝真牡蠣嫁笠貝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone