コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾシカ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

エゾシカ

日本列島とユーラシア東部に分布するニホンジカのうち国内最大の亜種。ニホンジカより大きく、体重は雄が120~150キロ、雌は80キロ程度になる。野草や木の葉、牧草、冬場はササや樹皮も食べる。寿命は雄が11歳、雌は17歳程度とされる。雌は満1歳で成獣になる。2歳以上の妊娠率はほぼ100%で、毎年1頭ずつ子を産む。

(2010-12-27 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾシカ
えぞしか / 蝦夷鹿
Ezo deer
[学]Cervus nippon yesoensis

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目シカ科の動物。北海道の森林や原野に分布する。わが国に生息するシカのなかでは体や角(つの)がもっとも大きい。頭胴長1.5メートル、肩高1メートル、体重100キログラムの個体もある。角は雄だけにあり、長さ72~82センチメートル、普通4枝で、第1、第3、第4枝が長く、主軸は左右に広く開く。角は老若により異なるが、普通春に落角する。落角後はただちに新しい角が発達し、8~10月に完成する。このころ交尾期に入り、雄は雌だけを集め小群をつくる。被毛は夏毛では黄赤色みが強く、胴体に白斑(はくはん)がある。冬毛は灰褐色で白斑がない。臀(しり)には通年白斑がみられる。食物は樹葉、草の茎葉、種子であるが、不足すれば樹皮まで食べる。妊娠期間は約8か月で、1産1子か2子を産む。[北原正宣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエゾシカの言及

【ニホンジカ】より

…角はふつう1~2歳で叉のない1本角が現れ,3歳で1叉,4歳で2叉,5歳で3叉となるが,はなはだ不規則である。なお,北海道のエゾシカC.hortulorum yesoensisはニホンジカではなく,タイリクジカの亜種と考えられる。シカ【今泉 忠明】。…

※「エゾシカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エゾシカの関連キーワード久上のエゾ鹿ジンギスカン厳冬期知床野生動物調査日高山脈襟裳国定公園ゼニガタアザラシエゾシカの状況日本の国立公園マンモスゾウ知床国立公園人材バンク旭山動物園小野 春夫釧路湿原仔鹿物語知床半島北海道犬シカの日昭和新山大雪山洞爺湖落角

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エゾシカの関連情報