老若(読み)ロウニャク

  • ろうじゃく ラウ‥
  • ろうじゃく〔ラウ〕
  • ろうにゃく ラウ‥
  • ろうにゃく〔ラウ〕

世界大百科事典 第2版の解説

日葡辞書》に〈老人と若者と〉とある。〈老若男女〉〈貴賤老若〉というように,本来はすべての人を意味する語句であるが,江戸時代の共同体社会では,おとな(老人)と若衆とを指し,二つの年齢集団を意味する用語である。若は15歳前後から老人になる以前の若者集団,老人は老人成(官途成)の儀礼を通過したものをいう。老人と若衆とは共同体社会での発言権に格差がつけられている場合がある。若衆から老人成を経る場合,名まえを変更する場合が多く,老人は〈兵衛〉〈衛門〉〈太夫〉などの官途名で呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「じゃく」は「若」の漢音) =ろうにゃく(老若)
※閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉有趣さうな勤行「太皷の拍子に連れて、一家の老若(ラウジャク)肩を揺(ゆす)って」
〘名〙 (「にゃく」は「若」の呉音)
① 老人と若者。老幼。ろうじゃく。
※金比羅宮文書‐天元三年(980)二月二日・某寺資財帳「御弟子中、不求老若、以吏袴堪者可為長吏也者、仍撰定附属忠印大法師既畢」
※談義本・風流志道軒伝(1763)五「参(まゐり)の老若(ラウニャク)立つどひ」
② 江戸幕府の老中と若年寄。
[語誌](1)平安・鎌倉両時代には主として古記録などに用いられた和製漢語であるが、奈良時代の文献にすでに見える漢語出自の「老少」の方が多用されている。
(2)その形成には、日本語の「若」字に本来の漢語にはない、わかいの意が生じていたことが背景として考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

老若の関連情報