コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老若 ロウジャク

デジタル大辞泉の解説

ろう‐じゃく〔ラウ‐〕【老若】

ろうにゃく(老若)

ろう‐にゃく〔ラウ‐〕【老若】

老人と若者。ろうじゃく。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ろうにゃく【老若】

日葡辞書》に〈老人と若者と〉とある。〈老若男女〉〈貴賤老若〉というように,本来はすべての人を意味する語句であるが,江戸時代の共同体社会では,おとな(老人)と若衆とを指し,二つの年齢集団を意味する用語である。若衆は15歳前後から老人になる以前の若者集団,老人は老人成(官途成)の儀礼を通過したものをいう。老人と若衆とは共同体社会での発言権に格差がつけられている場合がある。若衆から老人成を経る場合,名まえを変更する場合が多く,老人は〈兵衛〉〈衛門〉〈太夫〉などの官途名で呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ろうじゃく【老若】

ろうにゃく【老若】

老人と若者。ろうじゃく。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

老若の関連情報