コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッケホモ教会 エッケホモキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

エッケホモ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【エッケホモ教会】

Ecce Homo Churchパレスチナ地方の古都エルサレムにあるローマカトリック教会。イエス=キリストゴルゴタの丘へ十字架を背負って歩いた道、ビアドロローサに面する。名称はユダヤ太守ピラトがイエスを指していった「エッケホモエクセホモ、「この人を見よ」の意)」という言葉に由来する。古代ローマ皇帝ハドリアヌスが2世紀に築いた凱旋門の一部がアーチとして残っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

エッケホモ教会の関連キーワードフロンティア軌道理論シーリーガンメルスタードの教会街モルモン教新人ワジャク人人間学フロンティア電子理論インブリオールダム

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android