ハドリアヌス(英語表記)Hadrianus, Publius Aelius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハドリアヌス
Hadrianus, Publius Aelius

[生]76.1.24. イタリカ
[没]138.7.10. バイアイ
ローマ皇帝 (在位 117~138) 。五賢帝の一人。ヒスパニアの元老院議員家系の出身。先帝トラヤヌスの血縁にあたる。トラヤヌスが死の床で彼を養子としたと称して,そのときシリアにあったハドリアヌスは現地で即位。しかし元老院がこれに疑いをもって両者の関係は冷却,またダキア,エジプト,ブリタニアの政情不安もあってユーフラテス川以遠の,トラヤヌスが征服した地域を放棄してローマに帰り,借財帳消し,貧民救済策によって人気を獲得し,対外的には防衛策に転じた。ローマを離れて各地を巡察し,騎士身分 (エクイテス ) を登用して官僚制を整え,貨幣発行による財政建直し,立法整備を行なった。また新しい形式のラテン市民権である大ラテン市民権を創設,この権利を得た都市のすべての地方元老院議員にローマ市民権を与え,ローマ元老院に多くの属州の貴族を補充させた。辺境にはハドリアヌス長城などの城壁を修築,駐屯地からの徴兵などの軍制改革,荒廃したエジプトなどでは植民に努めた。アテネを愛しオリュンピア,ゼウスの神殿を造らせ,ほかにも公共施設を多く建設させた。エルサレムには新市アエリア・カピトリナを建設。これに反抗したラビ・アキバらユダヤ人を徹底的に弾圧した (132) 。また同性愛の愛人アンチノースの死後,エジプトに新市アンチノポリスを建設し,祭儀を行わせた。晩年はチボリ (ローマ近郊) の広大な別荘に引きこもった。すぐれた政治的手腕をもつとともに,文芸,絵画,算術を愛好,学者を厚遇した。アントニヌス・ピウスを養子とし,死後彼によって神格化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハドリアヌス

ローマ皇帝(在位117年―138年)。五賢帝の一人。トラヤヌスの養子となって後を継ぎ,それまでの対外積極策から守勢に転じ,行政機構と軍制の整備に努めた。ブリタニアの〈ハドリアヌスの壁〉や,帝国内各地の建築事業でも知られる。
→関連項目アテネアントニヌス・ピウスエディルネ五賢帝パンテオン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハドリアヌス【Publius Aelius Hadrianus】

76‐138
ローマ皇帝。在位117‐138年。五賢帝の第3番目。ヒスパニア(スペイン)の出身で,トラヤヌスの庇護下で育てられギリシアの学問を学んだのち,軍事・行政職を歴任した。彼のシリア総督在任中,トラヤヌスは死の直前,彼を養子・後継者とした。ハドリアヌスは不穏な動きをした元老院議員を処刑し,トラヤヌスが征服したものの,維持が困難になっていたメソポタミア方面の属州を放棄して統治に着手した。彼はアウグストゥスを模範として称号を簡単にし,帝国の拡大をやめて国境の安定に努めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ハドリアヌス【Publius Aelius Hadrianus】

76~138) 古代ローマ皇帝(在位117~138)。五賢帝の一人。帝国内の整備充実をはかる一方、パルティアと和し、ブリタニアに長城を築くなど辺境防衛に努めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハドリアヌス
はどりあぬす
Publius Aelius Hadrianus
(76―138)

ローマ皇帝(在位117~138)。五賢帝の三番目の皇帝。トラヤヌス帝(在位98~117)と同じくスペインのイタリカ出身で、トラヤヌス帝の遠縁にあたる。85年に父を亡くし、トラヤヌスの後見を受ける。その後軍事、政治の要職を歴任し、第一次、第二次ダキア戦争にも従軍。トラヤヌスのパルティア遠征の際にはシリア総督であり、トラヤヌスが117年にキリキアで病死したとき、死に際に養子とされ、帝位を継いだ。対外政策はトラヤヌスと対照的に平和的、防衛的であり、パルティアと和し、属州の防衛や統治の強化のために121~134年にかけて帝国各地を巡察した。その際、ブリタニアに、いわゆる「ハドリアヌスの長城」を築いた。ユダヤ人の反乱(132~135)だけが治世の平穏を破る事件であった。ハドリアヌスは行政機構の改革に多くの成果を残し、都市の建設や建築造営にも多大な関心を示した。136年ルキウス・アエリウスを養子として後継者に指名したが、138年に彼が病死したためアントニヌス・ピウスを新たに指名し、同年7月10日に死亡した。[市川雅俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハドリアヌスの言及

【建築家】より

…古代ギリシアの建築書はすべて失われてしまっているが,それらの内容の大要は,前1世紀のローマの建築家ウィトルウィウスが前30年ころに書いた10巻の建築書によって,今日まで伝えられている。暴君ネロに仕えた3人の建築家,セウェルスSeverus,ケレルCeler,ラビリウスRabiriusは,自在かつ独創的なアイデアで知られ,トラヤヌス帝とハドリアヌス帝に仕えたダマスクスのアポロドロスは,おそらくローマ帝国時代最大の建築家であった。ハドリアヌス帝は,みずからもすぐれた建築家であって,ローマのパンテオン,〈ウェヌスとローマの神殿〉,ティボリのハドリアヌスの別荘(ビラ・アドリアーナ)などの実質上の設計者と見なされている。…

【五賢帝】より

…以後,皇帝は最善の人が統治者たるべきであるとするストア哲学の考えに従って後継者を選び,その者を養子とした。トラヤヌス,ハドリアヌス,アントニヌス・ピウス,マルクス・アウレリウスと続く治世には,元老院との協調を旨とし属州行政も整備されて,〈パクス・ローマーナ(ローマの平和)〉と呼ばれる繁栄期が訪れた。啓蒙主義時代の歴史家ギボンは,五賢帝の時代を人類史上最も幸福なる時代と語っているが,近年の歴史研究の教えるところでは,肥大化する官僚・軍事機構の財政的負担が,地方都市の有産者層の財力によってかろうじて支えられることのできた時期であり,しだいに政治,経済,社会の諸問題が顕在化してきた時代と言える。…

【サンタンジェロ城】より

…ローマ皇帝ハドリアヌスが自身とその一族のためにローマに建設した廟墓。〈聖天使城〉の意。…

【男色】より

…ネロは解放奴隷ドリュフォルスと女のように接しただけでなく,美青年スポルスを去勢して結婚し,皇后のように扱っている。ハドリアヌスはその寵児アンティノオスのために町を建て,神格化さえ行った。当時の乱れた性風俗を描くペトロニウスの《サテュリコン》には美少年との愛欲を争って楽しむ2人の男の話がある。…

【ローマ】より

…この登極の経緯から彼は軍隊の統制に難渋したため,後継帝として兵士出身のトラヤヌスを指名し,養子として採用した。トラヤヌスも,続く3人の皇帝も息子がなかったため,後継帝をあらかじめ指名して養子としたので,ネルウァ(在位96‐98),トラヤヌス(在位98‐117),ハドリアヌス(在位117‐138),アントニヌス・ピウス(在位138‐161),マルクス・アウレリウス(在位161‐180)の5代の養子皇帝時代が続いた。これをアントニヌス朝というが,彼らは〈五賢帝〉と名づけられ,E.ギボンによって〈人類の最も幸福な時代〉と褒めたたえられた。…

※「ハドリアヌス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android