コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イエスキリスト Jesus Christ

翻訳|Jesus Christ

デジタル大辞泉の解説

イエス‐キリスト(Jesus Christ)

[前4ころ~30ころ]キリスト教の始祖。パレスチナナザレの大工ヨセフと妻マリアの子として生まれた。30歳ごろバプテスマのヨハネから洗礼を受け、ガリラヤ神の国の近いことを訴え、宣教を始めた。ペテロなど12人の弟子と活動を続けたが、ユダヤ人に捕らえられローマ総督により十字架刑に処せられた。その死後3日目に復活したと確信した弟子たちはイエスをメシア救世主)と信じ、ここにキリスト教が始まった。イエズス。キリスト。ジーザスクライスト
[補説]「イエス」は、神は救いである、の意のヘブライ語ギリシャ語形「イエスース」から。「キリスト」は、ヘブライ語で油を注がれた者の意の「メシア」にあたるギリシャ語「クリストス」からで、元来はイスラエルの王をいう称号であるが、当時は待望する救世主をも意味していた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

イエスキリストの関連キーワードフランスのサンチアゴ・デ・コンポステラの巡礼路ジーザス・クライスト・スーパースターヨハネ(バプテスマの)ジーザス・ウォークススピリツアル修行光輪のある自画像サクラ・シンドネイエス・キリストロンギヌスの槍キリスト昇天祭テオファネイアI・N・R・Iオリーブ[山]ペテロ福音書マタイ受難曲救い(宗教)モルモン教ベツレヘムクリスマス東方正教会

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イエスキリストの関連情報