エッツタール・アルプス(読み)えっつたーるあるぷす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エッツタール・アルプス
えっつたーるあるぷす
tztal Alps

オーストリアのチロール州とイタリアのトレンティーノ・アルト・アディジェ自治州の間に東西に延びるアルプス東部の山脈。最高峰はオーストリア第二の高峰ウィルトシュピッツェ山(3774メートル)。西側はイン川上流、南側はベノスタ谷。東のオーストリア側のエッツタール谷はイン川支流エッツ川の谷でU字谷をなし、エッツ、レンゲンフェルト、ゼルテンなどの保養地があり、エッツタール地方とよばれ、冬は良好なスキー場となる。観光のほか牧畜が主産業で、移牧が行われ、アルムといわれる夏の牧場は森林限界の上にまで広がっている。[徳久球雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエッツタール・アルプスの言及

【チロル】より

…河川の豊富な水量は,チロルをオーストリアにおける重要な水力発電地帯にしている。スキーで有名なザンクト・アントンSankt Antonからチロル州の州都インスブルックに行く途中,車窓から望見できる氷河に輝くエッツタール・アルプスで有名なエッツタールÖtztalは,東アルプス最大の渓谷の一つであり,また古い民俗の宝庫としても知られている。 チロル州の住民の大半を占めるのは6世紀に北方から入ってきたバイエルン族であるが,南からはロマンス語系の人々,北西からはアラマンニ族が入り,その間に古来のケルト系の子孫と思われる人々が残存して,方言,服装,家屋,習俗は渓谷の多彩な景観と対応して,谷ごとに,村ごとに異なるとさえ言われている。…

※「エッツタール・アルプス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android