エディト マティス(英語表記)Edith Mathis

20世紀西洋人名事典の解説


1938.2.11 -
スイスのソプラノ歌手。
ルツェルン生まれ。
ルツェルンの音楽院で学び、さらに声楽チューリヒでエリーザベト・ボスハルトに師事する。1957年ルツェルン市立劇場で舞台デビューし、’59年ケルン市立歌劇場に出演し、注目を浴びる。’60年ザルツブルク音楽祭に出演し、’62年グラインドボーン音楽祭でケルビーノを歌い、名声を確立する。その後、ハンブルク国立歌劇場やニューヨークのメトロポリタン歌劇場、ロンドンのコヴェント・ガーデン王立歌劇場にも出演する。レパートリーは幅広く、透明な声と簡明な表現、歌の演出力にも優れている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android