エドアブラザメ(英語表記)Heptranchias perlo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エドアブラザメ
Heptranchias perlo

カグラザメ目カグラザメ科の海水魚。全長 1.4m。背方は青みを帯びた灰褐色。体はきわめて細長く,吻の先端は鈍くとがる。鰓孔は 7対。胎生。肉は練製品の原料とされる。水深 300m付近の深海に生息し,本州中部以南,世界の温帯・熱帯域に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エドアブラザメ
えどあぶらざめ / 江戸油鮫
sharpsnout sevengill shark
[学]Heptranchias perlo

軟骨魚綱サメカグラザメ科に属する海水魚。日本近海では北海道以南の太平洋にみられるが、全世界の温熱帯海域の深海部に分布する。鰓孔(さいこう)が7対あり、背びれが1基しかないこと、吻(ふん)がとがっていることなどが特徴である。水深400メートル内外の深海底に生息。全長2メートルになり、トロールなどで漁獲され、練り製品の原料となる。本属はこの1種のみである。[仲谷一宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエドアブラザメの言及

【カグラザメ】より

…英名は鰓孔(えらあな)数をそのままとってsixgill sharkという。日本近海ではカグラザメ科にカグラザメ,シロカグラ,エドアブラザメ,エビスザメの4種が知られているが,カグラザメは鰓孔数が6対あることで7対ある他の2種と区別される。カグラザメ属には2種類あり,日本近海では2種とも知られている。…

※「エドアブラザメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android