エドモン ロスタン(英語表記)Edmond Rostand

20世紀西洋人名事典の解説


1866.(1868.説あり) - 1918
フランスの劇作家,詩人
マルセイユ生まれ。
パリの高校卒業後、文芸批評劇作を試み、詩集「てすさび」(1890年)で文学生活に入る。1894年ユゴーの影響を受けた詩劇「ロマネスク」がコメディ・フランセーズで上演、注目され、次いで1897年5幕韻文劇「シラノ・ド・ベルジュラック」は空前の大ヒットとなり、フランス随一の劇作家と見なされるに至った。他の作品に、「遠い国の姫君」(1895年)、「サマリヤの女」(1897年)、「の子」(1900年)、「雄鶏」(’10年)、「ドン・ジュアン最後の夜」(’21年)。ロマン主義。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1868年4月1日
フランスの劇作家,詩人
1918年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android