エドモンド ウィルソン(英語表記)Edmund Wilson

20世紀西洋人名事典の解説


1895.5.8 - 1972.6.12
米国の小説家,評論家。
ニュージャージー州レッドバンク生まれ。
「バニティ・フェア」「ニューヨーカー」誌などの書評家として活躍し、ヘミングウェイフィッツジェラルドなどの新進作家を発見、アメリカ文芸復興に寄与した。1931年の「アクセルの城」で象徴主義の伝統を付け、評論家としての地位を確立した。そのほか、ロシア革命思想の形成を追った「フィンランド駅へ」(’40年)、南北戦争文学史「愛国の血」(’62年)などの長編評論や、「傷と」(’41年)などの文学論集、小説、戯曲、旅行記などが多くある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android