エドワード・E. ジョーンズ(英語表記)Edward Ellsworth Jones

20世紀西洋人名事典の解説

エドワード・E. ジョーンズ
Edward Ellsworth Jones


1926 -
米国の心理学者。
ニューヨーク市バッファロウ生まれ。
バッファロウ大学心理学教授を父にして生まれ、1943年スワスモア大学に入学。学業半ばで軍務に服し、陸軍の特殊教育で日本語を学び、日本で通訳、ボデイガードを務めた後、’47年ハーバード大学に入学し、対人知覚と対人行動の研究により学位を取得。’53年よりデューク大学で印象形成に及ぼす権威主義の研究など多くの研究、実験を試みた。その後’77年にはプリンストン大学に移り、主著に「Ingratiation」(’64年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android