エドワード・G. ロビンソン(英語表記)Edward G. Robinson

20世紀西洋人名事典の解説


1893.12.12 - 1973.1.6
米国の映画俳優。
ブカレスト生まれ。
本名Emmanuel〉 エマニュエル〈Goldenberg ゴールデンバーグ。
弁護士を志しシティ・カレッジに入学するが、奨学金を得てアメリカ演劇アカデミーで学び、1915年ブロードウェーにデビュー。のち舞台と映画で頭角をあらわし、8本目の出演映画「犯罪王リコ」(’31年)で成功する。第二次世界大戦中「反ナチ同盟」に積極的に協力したことが戦後になって共産主義の同調者とみなされ、左右両陣営の攻撃をうけることになった。「ソイレント・グリーン」(’73年)を最後に不遇のうちに癌で死亡。’73年死亡直前でアカデミー特別賞受賞。自伝「All My Yesterdays」(’73年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android