コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エナント酸エチル

栄養・生化学辞典の解説

エナント酸エチル

 C9H18O2 (mw158.24).CH3(CH2)5COOH5C2.無色〜淡黄色の透明な液体でアンズラズベリーなどの果実中に存在.沸点は187〜188℃.果実酒様の特異なフレーバーをもち,香料として使用される食品添加物.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

エナント酸エチルの関連キーワードケトンヘキサンアルカンカルボン酸カコジル超共役吉草酸エチニル化構造異性デシルアルコール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android