コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エナント酸エチル

栄養・生化学辞典の解説

エナント酸エチル

 C9H18O2 (mw158.24).CH3(CH2)5COOH5C2.無色〜淡黄色の透明な液体でアンズラズベリーなどの果実中に存在.沸点は187〜188℃.果実酒様の特異なフレーバーをもち,香料として使用される食品添加物

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

エナント酸エチルの関連キーワードヘキサンアルカンカコジルメチル水銀ヒドロキシシトロネラールデシルアルコールオーラミンサリン付加アセチルコリン

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone