コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カコジル cacodyl

世界大百科事典 第2版の解説

カコジル【cacodyl】

テトラメチルジアルシン(CH3)2As-As(CH3)2をいう。無色,猛毒の液体で,きわめて不快な臭気をもつ。融点-6℃,沸点165℃。塩化カコジル(CH3)2AsClに亜鉛を作用させて得られる。空気中で発火燃焼し,二酸化炭素,水,三酸化ヒ素になる。ジメチルアルシノ基(CH3)2As-をカコジル基ということもある。 カコジルは科学史上重要な化合物である。R.W.ブンゼンは1837‐43年,いわゆる〈Cadetの液〉(酸化カコジル)の研究を行い,その組成をきめ,さらにおよそ40ほどの新しい一連の化合物を合成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カコジル
かこじる
cacodyl

ヒ素を含む1価の基(CH3)2As-のことをいう。この基を含む化合物をカコジル化合物とよぶ。また、テトラメチルビアルシン(テトラメチルジアルシンあるいはジカコジルともいう)をカコジルとよぶことがある。この化合物は不快なニンニク臭をもつ油状の液体で、空気中では自然発火し、二酸化炭素、水、三酸化ヒ素を生ずる。[佐藤武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カコジルの関連キーワードカコジル(データノート)テトラメチルジアルシンジメチルアルシノ基ヒ素化合物

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android