コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カコジル cacodyl

2件 の用語解説(カコジルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カコジル【cacodyl】

テトラメチルジアルシン(CH3)2As-As(CH3)2をいう。無色,猛毒の液体で,きわめて不快な臭気をもつ。融点-6℃,沸点165℃。塩化カコジル(CH3)2AsClに亜鉛を作用させて得られる。空気中で発火燃焼し,二酸化炭素,水,三酸化ヒ素になる。ジメチルアルシノ基(CH3)2As-をカコジル基ということもある。 カコジルは科学史上重要な化合物である。R.W.ブンゼンは1837‐43年,いわゆる〈Cadetの液〉(酸化カコジル)の研究を行い,その組成をきめ,さらにおよそ40ほどの新しい一連の化合物を合成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カコジル
かこじる
cacodyl

ヒ素を含む1価の基(CH3)2As-のことをいう。この基を含む化合物をカコジル化合物とよぶ。また、テトラメチルビアルシン(テトラメチルジアルシンあるいはジカコジルともいう)をカコジルとよぶことがある。この化合物は不快なニンニク臭をもつ油状の液体で、空気中では自然発火し、二酸化炭素、水、三酸化ヒ素を生ずる。[佐藤武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カコジルの関連キーワードサリチル酸メチルジアセチルジメチルアミンメチルエーテルメチルジメチルスルフィドセリンヒドロキシメチルトランスフェラーゼプトレッシンメチルアントラニル酸メチルエステルメチルテトラヒドロ葉酸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone