エニスキレン(英語表記)Enniskillen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エニスキレン
Enniskillen

イギリス北アイルランド南西部,ファーマナ地区の行政府所在地。イニスキリング Inniskillingとも表記され,アイルランド語では Inis Ceithleann。旧ファーマナ県に属する。上アーン湖と下アーン湖の間のセスリン島に位置し,戦略上の要所として古くはファーマナのマグワイア家の要塞があった。ジェームズ1世によってイングランドに統合され,1689年,ジェームズ2世が送り込んだ軍隊を打ち破ってプロテスタントの要塞として名をあげた。軍の駐屯地としての歴史が長く,有名なイギリス軍のロイヤル・イニスキリング・フュージリア連隊と第6(イニスキリング)騎兵隊はこの町の名を冠する。今日では農産物の集散地であるほか,食肉加工や靴下製造も行なわれている。近くのデベニッシュ島には 6世紀に聖モレーズが建造した聖マリア修道院の遺跡がある。19世紀末に活躍した詩人で劇作家のオスカー・ワイルドは,1618年に創立された王立学校で学んだ。人口 1万3599(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エニスキレン(Enniskillen)

英国、北アイルランド南西部、ファーマナ州の町。同州の州都。町の中心部はアーン湖を二分した島に位置する。エニスキレン城があるほか、近郊のデベニシュ島には初期キリスト教時代の遺跡が残る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android