エネルギー代謝率(読み)エネルギータイシャリツ

大辞林 第三版の解説

エネルギーたいしゃりつ【エネルギー代謝率】

活動時の総エネルギー代謝量から安静時のエネルギー代謝量(基礎代謝量)を引き、さらに基礎代謝量で割った値。活動あるいは労働の強度を表す。年齢・性・体格などに影響されない。 RMR 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

エネルギー‐たいしゃりつ【エネルギー代謝率】

〘名〙 生物体が消費した熱量を、基礎代謝量で割った数。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のエネルギー代謝率の言及

【運動】より

…とくに一定の姿勢を保持するため頸部,体幹,上下肢の空間的位置関係および運動の時間系列をプログラムする働きがあると考えられている。筋肉大脳皮質【青木 藩】
[運動時におけるエネルギー代謝]
 身体運動で主役を演ずる器官は骨格筋で,骨格筋は運動時そこに種々の化学変化を起こすが,運動が激しいほど消費されるエネルギーも増加するので,運動の強さをこの立場から量的に示すことができるわけで,一般にエネルギー代謝率というものが用いられる。身体は運動とは無関係に,心臓,胃腸の働き,呼吸など生命の維持に必要な器官を働かせるために不断にエネルギーを消費している。…

※「エネルギー代謝率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android