コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エバンズ・プリチャード Edward Evan Evans‐Pritchard

世界大百科事典 第2版の解説

エバンズ・プリチャード【Edward Evan Evans‐Pritchard】

1902‐73
イギリスの社会人類学者。歴史学を専攻後,1926年より40年にかけて,スーダンのアザンデ族ヌエル族(ヌアー族)で緻密な社会人類学的調査を行った。第2次大戦中は軍役に従事するかたわらスーダンのアヌアク族を調査,戦後はリビアのサヌシ族の調査をした。この間ロンドン大学,エジプト大学(現,カイロ大学),オックスフォード大学ケンブリッジ大学等の教職を歴任した後,46年ラドクリフ・ブラウンの後任としてオックスフォード大学教授となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエバンズ・プリチャードの言及

【政治人類学】より

…諸民族の文化に認められる多様な政治現象を比較研究する文化人類学の一分野。主要な政治現象としては,統治の構造,権威と権力の集中と配分および制度化の程度,各種集団の意思決定過程,またそれら集団間の支配,敵対,同盟などの諸関係,さらには民族統一や国民形成などがあげられるが,これらのいわば古典的政治現象に対して,今世紀半ば以降,新しい展開がみられた。それは第三世界の独立国における国民形成,宗教ないしイデオロギーの違いによる国際緊張,南北国家間の経済格差などの諸問題であるが,これらの問題を通じて比較文化論的アプローチの重要性がしだいに認識され,比較的新しい研究ジャンルである政治人類学の方法が注目されるに至った。…

【ヌエル族】より

…自称はナースNaath。1930年代にイギリスの社会人類学者エバンズ・プリチャードが調査し,三部作の民族誌を著した。本項の記述は主として彼の著作によるもので,30年代のヌエル社会のことである。…

※「エバンズ・プリチャード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エバンズ・プリチャードの関連キーワードマリノフスキー(Bronislaw Kasper Malinowski)ニーダム(Rodney Needham)D.F. ポコックレビ・ブリュール出自・出自集団儀礼(ぎれい)フォーテス政治人類学ビーティー機能主義ポコックサウゾルヌエルエルツ部族祭司

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android