コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エビスザメ エビスザメ Heptranchias cepedianus

2件 の用語解説(エビスザメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エビスザメ
エビスザメ
Heptranchias cepedianus

カグラザメ目カグラザメ科の海水魚。全長 3m。体は紡錘形,吻は幅広く前縁が丸い。鰓孔は 7対。体色は暗灰青色で,黒色斑が散在する。腹面は白い。胎生。南日本,全世界の温帯・熱帯域に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エビスザメ
えびすざめ / 恵美須鮫
cow shark
[学]Notorhynchus cepedianus

軟骨魚綱サメ目カグラザメ科に属する海水魚。北大西洋などごく一部の海域を除き全世界の温熱帯域に分布する。鰓孔(さいこう)が7対あること、背びれが1基しかないこと、吻(ふん)が幅広くて丸いことなどが特徴である。全長3メートルになり、若魚は浅い所に、成魚は深い所に生息する傾向がある。世界からいくつかの種が記録されているが、いずれも異名同種であろう。[仲谷一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエビスザメの言及

【カグラザメ】より

…英名は鰓孔(えらあな)数をそのままとってsixgill sharkという。日本近海ではカグラザメ科にカグラザメ,シロカグラ,エドアブラザメ,エビスザメの4種が知られているが,カグラザメは鰓孔数が6対あることで7対ある他の2種と区別される。カグラザメ属には2種類あり,日本近海では2種とも知られている。…

※「エビスザメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エビスザメの関連キーワード神楽鮫糟鮫角鮫奴智鮫鼠鮫羅鱶江戸油鮫虎鮫太角鮫カグラザメ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone