コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピデンドラム Epidendrum; button-hole orchid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エピデンドラム
Epidendrum; button-hole orchid

ラン科エピデンドラム属の総称。メキシコから南アメリカにかけて約 700種が分布する多年草。属名のエピデンドラムは,ギリシア語の「上」と「木」を意味する言葉から成り,樹上に着生する種が多いことに由来する。茎が直立するものから地をはうようなものまで草姿は多様で,蕊柱 (ずいちゅう) と唇弁が合着しているのが特徴。鉢植えで多くみられるのはイバグエンセ E.ibaguense系の品種が多く,切り花としても流通している。洋ランの仲間としては,栽培が比較的やさしい種類が多い。素焼鉢にミズゴケで栽培し,春から夏は明るい日陰で,冬期は明るい窓辺で最低7℃以上に保って管理する。高温期には水を十分に与え,冬期はやや控えめにする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

エピデンドラム

中央〜南アメリカに原産するラン科の着生植物で,約1000種がある。原産地のさまざまな環境に適応して,矮性で地をはうものから,茎を長くのばすものなど草姿はさまざま。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

エピデンドラム【Epidendrum】

ラン科エピデンドラム属の着生蘭の総称。中南米に約700種が分布し、日本では観賞用に温室栽培される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

エピデンドラムの関連キーワード中南米

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エピデンドラムの関連情報